交通費精算

データ入力画面

DataView.png

こちらがデータ入力画面です、以下の項目が入力可能ですが、ほとんどの項目は選択するだけになっているので、日々の入力作業は非常に簡単で、電車に乗ったら片手操作で入力してしまえるレベルです。

 ・訪問先名
 ・訪問日
 ・出発地/到着地
 ・交通手段
 ・支払い方法
 ・費用
 ・片道/往復
 ・メモ

地球をイメージしたアイコンをタッチすると、GPSを使って得た現在位置から最寄り駅を検索してセットします。

予めパターン登録しておくと、パターン名を選択するだけで、全ての入力項目が一括設定される機能があります。

もし、パターン登録していなくても、過去に登録したデータから同じ出発地/到着地のデータを探して費用が設定されます。